技术支持

NEWS CENTER

バッテリーパックシールの設計ガイドライン

2019-05-05

0

GM-400シリコーンフォームは、優れた性能を備えた防水シール材です。適度な柔らかさを持ち、長期間使用しても厚みが崩れず、耐候性、耐老化性に優れています。新エネルギー車のバッテリーの厳しい防水ニーズと頻繁な分解後の防水問題に対応できます。経験に基づいて、シールリングの設計について次の提案があります。


⚫材料の圧縮率は約50%であることが推奨されており、圧縮を制限するためにガスケットまたは構造を使用する必要があります。


⚫有効防水幅は6mm以上、有効防水幅は最も狭い防水エッジの幅(ねじ穴から内側までの距離)です。


⚫ボックス本体とボックスカバーのボスデザインは外側に曲げる必要があり、内側に曲げるとネジ穴に水漏れが発生します。


⚫ねじ穴間の距離は80〜100mmであり、ねじ穴は角の近くに配置する必要があります。


⚫ボックス本体の剛性が十分でない場合は、鋼板ビードを使用する必要があります。


⚫ボックス本体に制限リングが設計されている場合、組み立て中にフォームキルトが制限リングを持ち上げてしっかりと固定されないように、シーリングストリップの開口部を制限リングの外径より大きくする必要があります。


⚫シーリングストリップの開口部のエッジ幅を含め、シーリングストリップの最も狭い幅は、4mm以上である必要があります。狭い設計は、フォームの破損を引き起こす可能性があります。


⚫角はR角として設計する必要があり、直角は裂けやすいです。


⚫マッチングテープの選択は、防水性能を確保するために、接着性の良い柔らかいテープを使用する必要があります。


新エネルギー車の分野での長年の蓄積された経験を通じて、安定した裏面接着剤ソリューション、インターフェースラップ法、強化フィルムを提供して、表面の引き裂き抵抗を向上させることができます。ご不明な点がございましたら、お気軽にサービススタッフまでご連絡ください。時間内にサービスをご提供いたします。